MEZCAL

MEZCAL AMORESは2010年に数人の旅好きの若者によって立ち上げられたプロジェクトです。

彼らは世界を旅し、その土地土地のルーツ、文化、味、香りに大きく影響を受けます。

彼らにとってのルーツ(味や香り)はメキシコを象徴する、様々なアガベによって作られるMEZCALでした。

育成にとても時間の掛かるAGAVEから昔ながらの手間と時間を惜しまずに生産されるMEZCALに彼らはゆっくりと恋に落ち次第にメキシコを象徴するこの最高の蒸留物を世界に共有することに情熱を見出していきます。

彼らの目標は

・高品質なMEZCALを作る

・100%オーガニックな生産プロセスを守る

・生産者へ利益をフェアに分配する

・持続可能で環境に配慮したプロジェクト

 

AMORES(愛する人々)は高品質な味、香りを通して

その豊かな哲学と愛情を生産者から消費者に届けています。

WHAT IS AGAVE & MEZCAL

アガベとはリュウゼツラン科の植物で、その名前はギリシャ語のadmirableからくる”高貴な、素晴らしい”という意味。何千年もの間、その尖った形と緑の色はメキシコの芸術における視覚的象徴のひとつとなっており、世代から世代へ人々の命をつなぐ神的な植物としても崇められてきました。

世界にはアリゾナからコロンビアにかけて200種以上あると言われており、メキシコにはその75%が生息、さらにその中の22種がメスカルの原料とされています。ほとんどのアガベは栽培することが難しく、また巨大なアガベは刈り取るまでに10年近くかかり、しかも収穫からボトリングまで全ての工程において機械を使わずに作業を行うため、メスカルは大変に手間のかかるお酒なのです。

HOW TO MAKE A MEZCAL

高温で熱した石と、葉を全て刈り取った1個100kg近いマゲイ(アガベ)10トンを巨大な穴に入れ蓋をして蒸し,蒸しあがったマゲイを馬が歩くスピードでゆっくり挽いて繊維質にし、樽に入れ自然発酵させたものを2回蒸留して作られます。